アマハラ 秋に台湾高雄市での公演決定

維新派公式オンラインショップへ

gaBanner03

   

  • All
  • Information
  • BLOG
  • 2017年は、台湾へ行くことになりました。舞台の上で「南へ、南へ」と言い続けていたら、本当に南へ行くことになるなんて。言葉が引き寄せているのでしょうか。 「アマハラ」の中にも台湾のエピソードがありますが、改めて地図で見ると、台湾って本当に日本から近いんだ!と実感。海外ということで、てっきり遠いイメージを持っていたけれど、実際にそこへ行くとあって、更に親近感が沸いてきました。 年明けから、昨年の反省点を踏まえつつ、作品づくりの話し合いがスタート。3月から少しずつ、身体を動かしながらの稽古も始まりました。 はじめは全身筋肉痛に悩まされていましたが、気温が暖かくなるにつれて、「さあ、今年も動きまっせ」と身体がだんだん目覚めてくれて先日、ずっと苦手だった回転ができるようになりました。(個人的な喜び!) さて話変われど、春といえば、お花見です。 先日、金子さん、石原さん、うっぽと私の4人で、奈良県曽爾村へ行きました。曽爾村は2年前「トワイライト」でお世話になった場所です。 まずは、現場だった運動場へ立ち寄りました。周りに桜が。  ここに月があって、このへんが客席で、とか、随分覚えているものです。雨でぐずぐずになった地面を、松本さんがめっちゃ平らにしてくれてたこととか。どこを見渡しても、記憶があふれてきます。 そしてこの日のメインテーマ、屏風岩へ!   満開にはちょっと早かったようですが、それでも見事な風景です。  屏風岩を見上げる3人。 「また来よう、今度はバッチリ満開のときに」と言って、屏風岩をあとにしました。 その後は、室生寺や龍穴神社にも立ち寄りました。室生も過去に維新派が公演を行った場所です。 お蕎麦を食べて、草餅も食べて、お腹も満足の旅になりました。(ちなみに、室生寺でおみくじを引いたら、私と石原さんは「凶」でした。書いてることも全部同じ(笑)でも最後に「たびだちよろし」と書いてあったので、きっと台湾への旅は良いものになるはず!) 今年は稽古場に留まらず、あちこちへ出掛けようという話が浮上中なので、これからますます楽しくなりそうです。 「今年で最後」と言うと辛気臭くなってしまいますが、今年はより一層、維新派で過ごす時間を大切にしたいと思います。季節を、風景を、みんなの表情を、見逃さないように。 2017年も、どうぞよろしくお願いいたします。(平山ゆず子)
    Read More
    2017-05-08 23:36:25

    春の旅

  •  維新派オフィシャルオンラインショップアマハラ 購入ページ:http://store.shopping.yahoo.co.jp/ishinhashop/00006.html
    Read More
    2017-04-24 12:56:50

    DVD 『アマハラ』 6/2 発売

  • 昨年、奈良・平城宮跡で上演した「アマハラ」が、台湾の高雄市でのフェスティバルに招へいされることが正式決定しました。 詳細は、後日、当サイトにてお知らせします。
    Read More
    2017-04-12 23:41:19

    「アマハラ」台湾公演正式決定

  • こんな夢を見た本が積み重なった雑然とした部屋の中、チェックのシャツを着た松本さん、胸から下が無い。フワフワ宙を浮いている。私:あ!松本さんだ!おつかれ様です!松本さん:おー!また会おなぁ~!フワフワ浮いている松本さんは、あの綺麗な手を振って、風にさらわれて行きました。少し手が触れた気がします。あー怖かった~本年もよろしくお願いいたします!そして昨年は大変お世話になりました!奈良のアマハラ公演では、沢山の方にご来場頂きありがとうございました。当日券に毎日沢山の方に並んでいただきました。ご覧になられた方も、残念ながら、ご覧になれなかった方も、皆さんのそれぞれの維新派を楽しんで頂けたでしょうか。さて新年という事で、初夢。皆さんは見られましたか?私はあまり夢は見ないです。と言うか見ても直ぐ忘れるので覚えていないです。しかも、冒頭の夢は、初夢ではなく、去年の夢です。時期としては11月頭、撤収作業も全て終わって、落ち着いてきた頃です。ついに、夢の中に、松本さんが出た(お化けの手の形)。私は松本さんにはあほあほ怒られてばかりで、褒められたことってほとんどないですが、お前の維新派ブログ、良かったわ!て、言われた事は覚えています。そのブログには松本さんの写真を載せていたので、俺男前に写ってたな、あれええわ~とか言うてはった。松本さんとはいつもドキドキ(ビクビク)して、ろくにちゃんと話せなかった。もっとちゃんと話したかったな。ほんとうのあほうです。ある先輩は、アマハラの連日の稽古、色々模索中の時、松本さんに聞きたいことが山ほどあって、松本さんにやっと夢で会えた時、アマハラに関してのアドバイス?ヒントをもらっていたようで、それがとてもリアルな内容で、舟の竜骨が綺麗過ぎるから、もっと汚した方がええわ、とか言われていた様です。他にも、アドバイスをもらっていた先輩がちらほらといたようで、松本さんに夢で会えた話を聞く度、良いなぁ。と思っていました。またある日の稽古後、ある先輩が冗談で、イタコさんに口寄せしてもらおうとゆう話が出ると、だんだんみんな本気で考えだしたり、いよいよ追い詰められてましたね。そんなこんなで私が見た松本さんは、既に胸から下が消えてベタベタな幽霊になっていたから、無事公演も終わって、落ち着いたから、もうええ感じに安心して上に行きはったんかなぁ。とか思ったり。思わなかったり。でも、夢だし、私の頭の中の作り話でも、また、会おなぁって言われて、うれしかったな。          そして、去年の暮れには、維新派の稽古場にて、維新派メンバーとゲストさん、スタッフさん、関係者の皆様で、恒例の「維新派大忘年会」も行なわれました!お鍋、巻き寿司、生春巻き、美術監督の垂人さんは屋台もしてくれました!そしてなんといっても余興!今年は石原、坂井、松永ちゃんが、仏様×BABYMETAL(KARATE)不謹慎でしたねぇ。しかし振り付けも衣装もメイクも照明も完成度が高かった!ありがたくって、最高に笑いました!!盛り上がり過ぎて、ネタの為に作った木の本格的なお賽銭箱が、投げ銭入れと化していました。       今年、2017年!現在維新派は、海外公演のお話しがあります。実現しましたら、それが維新派としての最後の公演となります!もしかしたらですが、あと1年、維新派とお付き合いの程よろしくお願い致します!(伊吹佑紀子)
    Read More
    2017-01-09 19:38:06

    こんな夢を見た

  • 10月24日、「アマハラ」の旅が終わりました。目を閉じれば船の奥に広がる黄金のススキを思い出します。生駒山に沈む夕陽を思い出します。泥の中を歩く音、木のつるつるの部分、みどり色のニット、あったかいシチュー、みんなの笑い声。この船が動き出す前のことを思うと、今こうして「アマハラ」が終わって、ブログを書いているなんてウソみたいです。笑 つい先日、平城宮跡に行ってきました。その時の写真です。「アマハラ」の時を過ごしたあの場所は、まっさらな土地になって、近所の子供たちが遊んでいたり、おばあちゃんたちが散歩していたりしました。でも、かすかに、「あそこが本舞台で、そこが草地やな。」と、この場所で過ごしてきた私たちにはあの船が見えました。都で暮らしていた人たちも、きっとこの場所に思い出があって、それぞれの思い出が重なっている。長い旅をしてきたあの船は、姿が見えなくなっても、きっと世界中を旅し続けるんだろうなぁ。そんなことを思いながら、この景色を眺めていました。たくさんの思い出が重なるこの場所で、「アマハラ」をつくるひとつのピースになれたことを、誇りに思います。出逢えてよかった。ありがとうございました。 オーーーーーイそこはどこですか?(山辻晴奈)
    Read More
    2016-11-10 19:10:44

    旅の途中

続きを表示する (SHIFTキーを押しながらクリックで全てを表示) 全てを表示

メルマガ配信中!

公演情報や松本雄吉の活動情報など、維新派に関連するさまざまな情報をお知らせしています!


こちらのQRコード、
もしくはメールマガジンご登録アドレス
mm-touroku@ishinha.com
まで、空メールをご送信ください。

.