維新派BLOG

今日の劇場 10月20日(木)

19:17撮影 現場入り36日目 晴れのち曇り

IMGP4262-1

「アマハラ」公演は7日目を迎え、残りの日数も僅かとなりました。公演を重ねてくると、セット類や床面に痛みが出たり、機器のトラブルも出てくるため、日々チェックをして環境を整えています。設備以外にも役者、スタッフ間でも心身共にメンテナンスする大切さも話されており、初日を迎えてから現地入りの時間は少し遅めのお昼ごろになっています。9月からの設営や稽古に忙しく送っていた日と比べると時間に余裕が出来て各自、自主稽古や休養をして公演に備えています。

屋台村では入れ替わりで新しい店舗が出来たり、ステージに客席が作られたりと、日が経つにつれて人の手が加わっています。他にも屋台に洗濯物が干されていたり、店主の子供達が昼寝をしている姿が見られたりと生活感が出ています。「楽日(最終日)は打ち上げでオモロイことやりたいな」と、店主たちは色々と画策中です。初日が明けてからも作品や屋台は日々変化して面白さが増しています。

トップ写真は終演後の劇場を撮影。今年は終演時間が19時15分頃と早いため、屋台のパフォーマンスを全て楽しんでも21時までに終了します。観劇を終えたお客様は屋台へと向かい、作品の余韻に浸りながら飲食やライブを帰る時間ぎりぎりまで満喫しています。(現場スタッフ 百々)

今日の劇場写真(10/20)

IMGP4608IMGP4686IMGP4497

PA203820-2

IMGP5265