維新派BLOG

今日の劇場 10月23日(日)

17:20撮影 現場入り39日目 曇りのち晴れ

PA234583

「アマハラ」公演の10日目を迎えました。千秋楽(最終日)を明日に控え、今日は午後の稽古前に役者、スタッフが集まり25日から始まる会場の撤去作業のミーティングが行われました。
今回の舞台は使用している資材も多い為、限られた人数と時間の中で効率良く解体して搬出するための段取りが話し合われ、事前に必要なものが確認されました。

千秋楽と撤去作業が目前に近づき、普段の会話の中でも「もう直ぐ終わりか」と、いった言葉が交わされています。今日の公演には「アマハラ」の元になっている「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」(以下、台湾)に出演していた元役者さん達も多く駆け付け、「台湾」よりも登場人物が感情豊かになっているのが印象的だったと感想を述べていました。

10日目の公演を無事に終え、いよいよ明日、千秋楽を迎えます。最後の公演を是非、会場でお楽しみください。

トップ写真は開演時の夕焼け空を撮影。舞台の奥ではお客様が間違って入ってこないように、スタッフが周囲を見渡しています。静かな時間の中で沈む夕日が刻々と表情を変えていきます。(現スタッフ 百々)

今日の劇場写真(10/23)

IMGP7772IMGP8145

IMGP8693IMGP9311IMGP9418-3

IMGP9471