維新派BLOG

あと5日

7月18日から始まった維新派展が、残るところあと5日で終了します。
(※月曜休館)
9月3日まで。

垂人さんがつくられた、
今まで維新派の舞台で使った釘の数を打った看板も見事だし、
森さん、美術チームのつくった新作の舞台模型も見るたび、
素敵だなあとため息が出てしまう。
まだごらんになっていない方、必見!ですよ。
ただこれが言いたくて、続けてですが、ブログを書かせてもらってます。

KIMG0538~2

私個人的には、去年の「MAREBITO」を大スクリーンで観にいかねば!
ちょっとだけ冒頭のシーンを大スクリーンで見ましたが、
去年の犬島の風景と記憶が相まって、たまらない気持ちになりました。
こんな大きな画面で見る機会はそうそうないので、
こちらもお時間あればおすすめです。

1409360416703 1409360377806

先週、写真家の太田順一さんを迎えて行われた公開講座も
とても密度の濃いお話が聞けました。
カメラは散歩するときの杖、道案内のようなものですと、
大阪のまちを歩き通して写真を撮り続けてらした
太田さんの言葉一つ一つが写真とともに静かに説得力を持って
伝わってきました。

2回の公開講座をお聞きして、私にとっても今回の展示は、
維新派の歴史と、改めて大阪の“まち”を認識し直す、
ほんとうにいい機会になりました。

10月の公演までいかに深められるか、
時間のなさにドキドキしてしまいますが、
この期間をいかに過ごすかだなあと、
あれこれ雑事に追われつつ思っているところです。

(吉本博子)