維新派BLOG

山笑う

4月28、29日の一泊二日で曽爾村へ合宿に行ってきました。

一日目は、国見山登山。
  DSC_0222
小川の脇を通って、滝を眺めて、急な階段を上って、山頂へ
  DSC_0238
  DSC_0249
  DSC_0267
  DSC_0295
  DSC_0296
 倒木に生えた苔が周りの茶色から浮いて見えたり、杉の幹とその葉っぱが淡い色をして不思議だったり。
  DSC_0280
  DSC_0275
山登りはしんどいけれど、山頂からの眺めは素晴らしく、山が波のように見えました。
  DSC_0298

二日目は、屏風岩公苑へ。
屏風岩へたどり着くまでにも山を少し登ります。
 DSC_0387
 DSC_0416
午前中に餅撒きがあったようで、村の人たちが敷物を敷いてご馳走を囲んでいました。
 DSC_0419

 私たちも村の人に勧められ、お寿司をよばれました。
 DSC_0423
「また来年おいで」と村の人たち
「9月の公演見に来てください」と私たち
あいさつをして帰路に着きました。
 DSC_0438

幼い頃、両親によくドライブに連れて行かれたことを思い出しました。
「山がきれいやよ。」母親はよくそう言っていました。
子どものころには分からなかったことが、大人になって分かることってよくあります。
曽爾の山は本当にきれいでした。

(室谷智子)