忘れない記憶

ここ数日で一気に涼しくなりましたね。
夕方、稽古場へと向かう道で、風の肌ざわりがとても懐かしく、去年の「アマハラ」を思い出しました。
平城宮跡で毎日のように見ていた夕焼け空と、少し肌寒い風。土や草から立ち込める匂い。
大きく深呼吸すると、自然と目線が広く、遠くなって行きます。

続きをみる

名村の不思議な物体

夏です。アトリエの季節です。

ということで、小道具のカルネ申請のための作業で
久々に名村造船所跡地に借りている維新派のアトリエへ。
ようやく本気出し始めた湿度と相変わらずの砂っぽさが相俟って不快指数は計り知れません。

続きをみる

春の旅

2017年は、台湾へ行くことになりました。

舞台の上で「南へ、南へ」と言い続けていたら、本当に南へ行くことになるなんて。

言葉が引き寄せているのでしょうか。

続きをみる

こんな夢を見た

こんな夢を見た

本が積み重なった雑然とした部屋の中、チェックのシャツを着た松本さん、

続きをみる

旅の途中

yama1

10月24日、「アマハラ」の旅が終わりました。

目を閉じれば船の奥に広がる黄金のススキを思い出します。生駒山に沈む夕陽を思い出します。
泥の中を歩く音、木のつるつるの部分、みどり色のニット、あったかいシチュー、みんなの笑い声。
この船が動き出す前のことを思うと、今こうして「アマハラ」が終わって、ブログを書いているなんてウソみたいです。笑

続きをみる