「nocturne」 舞台遠景画像

nocturne

[story]

「nocturne」 舞台近景画像 都市の地下下水道の汚水の川を疾走する中国人密航者たち、道路標識マークのシャツの少年たち、彼らを追いかける浮浪者の老人、そして少年A。 少年Aは道路標識のシャツの少年が落としたトランジスタラジオを拾う。それは彼が浮浪者の老人から奪ったものだ。過去のブラジル移民のニュースがラジオから流れ、少年Aはその音に導かれて不思議な旅に出る。それは浮浪者の老人の過去への旅だった…。

[note]

維新派初の劇場本公演。劇場の深い奥行きを効果的に利用した、40シーンにも及ぶ舞台美術の転換が話題を呼んだ。 また、野外では不可能な回転スライド舞台や多種の吊り装置などの各種舞台機構も最大限に利用し、幻想的なシーンを次々に現出させた。

[staff]

構成・演出 松本雄吉
音楽監督 内橋和久
舞台監督 大田和司
美術 田中春男
照明 吉本有輝子
音響 松村和幸
音響効果 塚田珠美
映像 高岡茂・鷲野尚紀・竹内敦
宣伝写真 福永幸治
宣伝美術 東学
維新派制作 新国立劇場
   
制作 新国立劇場
芸術監督

栗山民也

 

[cast]

演奏 内橋和久(ギター・ダクソフォン)
外山明(パーカッション)
いとうはるな(エレクトロニクスボーカル)
   
老人O 木村文典
少年A・シンイチロウ 森正吏
メガネ少女・カナエ 春口智美
   
中国人密航者  
馬(マー) 藤木太郎
洪(ホン) 大岸孝行
楊(ヤン) 田中慎也
沈(シェン) 升田学
魯(ルウ) エレコ中西
   
少年たち 岩村吉純・新田ヒロユキ・山田光芳
石本由美・坊野康之・石黒陽子
男たち 鹿田大樹・小松敏夫・早乙女憲・栃下亮
女たち 小山加油・四谷エスタ・粟飯原理絵
石丸史夏・稲垣里花・川田きよ
水の精 中麻里子・江口佳子・平野舞
みずちおむ・藪実里・佐藤亜希
尾立亜実・境野香穂里・村越美穂

[data]

日程/2003年9月8日〜21日
場所/東京・新国立劇場 中劇場
主催/新国立劇場 動員/7500人

[critic]

この44景の場面に絶えず流れる、「ヂャンヂャン☆オペラ」と名づけられた関西弁による変拍子のリズム体は、まるで人間が前へぐんぐんと進んでいく歩調に似て、無意識のうちに物語のなかへと波のように誘われていく。そして、次々と時間と空間が自由にしかも軽やかに移動し、いつしか観る側のイメージもそれぞれに、あらゆる場所を自在に浮遊する。何度もかすかな眩暈を覚えた。(「nocturne」パンフレットより、栗山民也氏)

[goods]