「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」 舞台遠景画像

台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき
《彼》と旅をする20世紀三部作 #3

[story]

「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」 舞台近景画像

多くの島が広がるアジアの海、多島海。その南の海から、島づたいに日本にたどり着く道を、「海の道」と呼びます。 それらの島々を舞台にして、日本から東南アジアへ渡った人々、アジアから日本へ渡ってきた人々にまつわる様々な逸話をもとに、「20世紀の海の道」を描きます。

[note]

〈彼〉と旅をする20世紀三部作の最終章となったアジア篇は、維新派史上最大の野外劇場にて上演。 劇場や舞台セットだけではなく、客席へとつながるゆるやかな長い坂道のアプローチも作ることで、全長100m以上、丸太4000本を使った、造形的な野外劇場が、瀬戸内海の犬島に出現した。『カンカラ』以来8年ぶりとなる犬島での公演は、島から島へ、島づたいに続いていく海の道を経て、アジアの多島海へ連なるイメージを作り上げた。

[staff]

脚本・演出 松本雄吉
音楽 内橋和久
舞台監督 大田 和司
舞台美術 黒田武志(sandscape
照明デザイン 吉本有輝子(真昼)
照明 ピーエーシーウエスト 
岸田緑 魚森理恵 伊藤泰行
音響デザイン ZAK
音響 田鹿充 move
SE 佐藤 武紀
演出助手 中西 美穂
屋台村ディレクター 白藤 垂人
衣裳 維新派衣裳部 江口 佳子
衣裳協力 木村 陽子 高野 裕美
メイク 名村 ミサ
宣伝美術 東 學(188)・北村美沙子(188)
宣伝写真 福永 幸治(スタジオ・エポック)
井上嘉和
ウェブ製作 中川 裕司(house-A)
スタッフ 五十嵐大輔 生杜野かかし
池田剛 井上憲次 内田欽弥
大鹿展明 岡博史 岡田保 
柏木準人 木村文典 金城恒次 
白藤垂人 豊川忠宏 百々寿治
中村公彦 羽柴英明 山本真一 
富島美奈 中麻里子 松下香代子
協力 高岡茂(スタジオデルタ) 
田辺泰志
西尾俊一(FINNEGANS WAKE 1+1
制作 山﨑 佳奈子 清水 翼

 

[cast]

岩村吉純 藤木太郎 坊野康之 森正吏 金子仁司
中澤喬弘 山本伸一 小林紀貴 石本由美 平野舞
稲垣里花 尾立亜実 境野香穂里 大石美子 
大形梨恵 土江田賀代 近森絵令 吉本博子 
市川まや 今井美帆 小倉智恵 桑原杏奈
ならいく 松本幸恵 森百合香 長田紋奈

<犬島公演> 池田光曜 森田晃平 岡崎由起子 片山晴絵 
清原瑞穂 黒神奈美 杉田愛美 住吉山実里 高矢慶子
恒吉美都穂 肥後実可子 藤原那津子

<埼玉公演> 青木賢治 内田祥平 村島洋一 安達彩
安藤葉月 大村さや香 関根敦子 曽合はるか
中武円 堀井秀子 山本芙沙子 吉田由美

<シンガポール公演> Avena Tan,Chua Zi Joo ,Joycelyn,Darren Tong, Dyana Kusumayanti
Edmund Chee,Irishrose,Cinderella Perejas Mayo,Kong Caiying Krystal,Melinda Lauw Shi Qi
Natalie Ho Yee Theng,Seah Zhi Xin,Zhang Zhuojin

[data]

<岡山>
2010年7月20日(火)〜8月1日(日) /犬島アートプロジェクト「精錬所」内・野外特設劇場
<埼玉>
2010年12月2日(木)〜5日(日) /埼玉 彩の国さいたま芸術劇場
<シンガポール>
2011年5月12日(木)〜17日(火) /フェスティバルヴィレッジ(Esplanade Park)

主催/
維新派(犬島・岡山公演)
財団法人 福武教育文化財団・瀬戸内国際芸術祭実行委員会(犬島公演)
財団法人 埼玉県芸術文化振興財団(埼玉公演)
シンガポールアーツフェスティバル(シンガポール公演)

動員/8300人

 

[goods]