INFORMATION -松本雄吉情報 一覧-

松本雄吉が大阪文化賞受賞

2013matumotoPic

松本雄吉が大阪文化賞を受賞しました。

受賞理由:

氏は、平成26 年10 月に、大阪市西区中之島GATE において、自身が主宰である劇団「維新派」の公演『透視図』を構成、演出し、上演されました。
『透視図』は、「水都大阪」のシンボル空間となっている中之島GATEに、役者、スタッフが自らの手で作り上げた特設舞台において、川面に映る高層ビル群の明かりを背景に行われました。約40 人の役者たちが、「維新派」の独創的なリズムに乗せたセリフを発しながらストーリーを展開し、躍動的でスケールの大きな美しい作品となりました。
また、氏は、昭和45 年に劇団「日本維新派」(現在の「維新派」の前身)結成後、脚本・演出家として劇団を率い、「ヂャンヂャン☆オペラ」と名付けた関西弁を生かした独創的なスタイルを確立し、大がかりな特設野外舞台による作品を、国内外で公演し、海外でも高い評価を得ています。
このように、氏の活躍は大阪の野外演劇を牽引し、演劇を通じて大阪の文化を国内外に発信されており、大阪の文化振興への貢献は極めて大きく、ここに大阪文化賞を贈ります。(大阪市サイトより)

大阪市サイト

 

松本雄吉演出作品『PORTAL』

logoblack (2)

大阪を拠点に、公演ごとに自ら設営した野外劇場で、架空の都市をつくり続けてきた、維新派の松本雄吉。都市とそこに暮らす人々を描き、関西の若手劇作家の登竜門として知られるOMS 戯曲賞で大賞、特別賞を受賞している劇作家・林慎一郎。

2016 年度オープン予定の、「豊中市立文化芸術センター」開設プレ事業として上演される本作『PORTAL』は、大阪の衛星都市である豊中市に暮らす林が脚本を書き下ろし、『レミング』『十九歳のジェイコブ』など、近年話題作の演出も手がける松本が演出を担当する。

PORTAL 公式サイト

続きをみる

レミング関連企画で松本雄吉が公開対談

lemmingtirashi-e13680994493981

【「レミング」関連企画】
東京芸術劇場主催「書を捨てよ町へ出よう」(12/5-27)とパルコ主催「レミング」(12/6-20) の戯曲の作家である寺山修司は今年生誕80年を迎えます。
  寺山は70年代に劇団天井桟敷を率いて世界をまたにかけ、短歌・映像・演劇とマルチな分野で異能を発揮、その全盛期に若くして世を去り、今なお、さまざまなジャンルの芸術家たちに大きな影響を与え続けています。
  あなたの好奇心も刺激する!?この機会をお見逃しなく、是非ともお申込ください。(劇場サイトより)

続きをみる

松本雄吉演出作品「レミング」(原作 寺山修司) 再演決定!

ssss_lemming_photo

松本雄吉演出作品「レミング」(原作 寺山修司) 再演決定!

続きをみる

松本雄吉の垣尾優、ジュン・グエン=ハツシバとの共同作品再演

DSC_7464

2014年2月にArtTheater dB神戸にて行われた垣尾優、ジュン・グエン=ハツシバとの共同作品「sea water」が再演します。

続きをみる